読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOLF LOVE 日記

ゴルフについての日記を書くことにしました。それ以上でもそれ以下でもありません。

練習の記録 2017/02/12 岩槻グリーンウッドゴルフ

目的

 「本番さながらの練習をしよう!」という友人M山君の誘いに乗り、早朝の練習に出かけました。「早起きは三文の徳」ということわざの通り、早朝練習をすると、その日を有意義に使えるので、なんだか得した気分にもなりますね。

 今回は、岩槻グリーンウッドゴルフに行きました。岩槻グリーンウッドゴルフの営業時間は、朝は平日8時から、土日祝日が7時から営業しています。夜は全日23時までの営業時間なので、仕事終わりに時間があるときは、夜に行くことが多かったです。でも、本番に近い状態を作るという意味では、早朝練習を取り入れることの方が、より実戦に近いトレーニングができることになりますね。今日はそれを体感できた一日になり、とても充実したに日にすることができました。

実際の練習について

 なんだかんだで少し遅れてしまい朝7時30分頃、現地に到着しました。私を含め結局4人の猛者が集ったので、1階席では空きがなく2階席で練習することになりました。

 

golflove.hatenablog.com

 前回のラウンドで、改善点と指摘したアプローチとドライバーをメインに取り組む予定にしていましたが、2階席だと距離感の練習がしづらいこともあり、ドライバー1本に絞ってみっちり300球打ち込むことにしました。

 結果は、プッシュアウトとスライスのオンパレード。どこぞの芸人がいうところのプッシュアウトとスライスのデパート、プッシュアウト界、スライス界のミスターとなってしまいました。

 やはり原因は、手打ちや体の開きだったり、頭や上体の突っ込みでした。距離感は無視して、短いクラブを手に取り、体全体を使いながらハーフショットの練習を繰り返し行うと、それらが少し解消されいい感じのドライバーに戻るのですが、またしばらくすると徐々に元に戻ってしまうという苦しい時間帯が続きました。

 なんとかその日のうちにドライバーの問題点だけでも改善したいと、試行錯誤を繰り返しながら、黙々と練習してわかったのは、ボールを体の正面で捉えるということでした。どうしても体が先に開いてしまい、手が後から遅れて入ってくると振り遅れてスライスするですね。普段の素振りから、そのあたりの意識を高め、体に間違ったスイングが染み付いてしまわないように矯正していこうと思います。

 では具体的にどうするかというと、右足で地面を蹴るという感覚の動作が必要になってきます。今日練習していてやっと250球くらい終了するころになって、徐々にわかってきたことです。球に力もよく伝わるようになり、球筋も大きく改善されました。

 また、今後はスイングを動画に撮り、原因をより詳しく分析していき、スイングの改善につなげていきたいと思います。


 

改善点と次回やること

 今回は短い距離のアプローチ練習(特に距離感をつかむ練習)ができなかったので、次回はそれをみっちりトレーニングできる練習場に行きたいと思います。

 また、今回やってみて効果のあった右足の使い方、右足固定後の右足の蹴り方(外旋)などをもう一度確認しながら取り組みたいと思いました。